グラフィックデザイナーってどんな仕事?

グラフィックデザイナーの仕事内容とは?

「グラフィックデザイン」の意味を簡単に言うと「デザインを一目見ただけで情報おを伝える表現手段」のことです。映画のポスターや、書籍本や雑誌の表紙のデザイン、高校・大学のパンフレットなどなど……これらのようなデザインの考案、制作を行うのがグラフィックデザイナーという職業です。
仕事の流れとしては、まず広告代理店や出版社などから「デザインを考えて欲しい!」と依頼をもらい、どの世代に、どういった内容を伝えるのか詳しく検討しながらデザイン制作に取り掛かります。一言でグラフィックデザイナーと言っても、1人で仕事を受けて企画・制作し、納品するわけではありません。時によってはイラストレーターやコピーライターの方とプロジェクトを組んで仕事をすることもあります。

グラフィックデザイナーって才能豊かな人しかなれなさそう……

確かに色彩感覚や全体の構図、写真や文字のフォントからセンスが問われる職業です。しかし特別な資格も必要ないため比較的就きやすい職業だといえます。
また、仕事を受けたクライアントからの要望・こういったデザインが良いという意向を的確に判断する力が必要になるため、周囲の人に気配りができ、社交性がある方が望ましいと思います。
さきほど特別な資格は必要ないと言いましたが、あると活かせる「スキル」は「イラストレーター」「フォトショップ」の基礎知識、色彩検定、DTPエキスパート(検定)などがあるとより自分のキャリアアップにも繋がりやすくなるでしょう。
グラフィックデザイナーは実務経験を積むことで自分の技術力が上がります。さら常に現代の流行を勉強し続けなければならない職業です。
単純作業ではなく自分で新たなものを生み出していく職業を目指している人にオススメです!